ドラム室 瀬戸様

001

いつも使っていた練習場が取り壊されたことが防音室をつくるきっかけ

 以前よりバンドを組んでいて、そのバンドには24時間練習のできる専用の練習室がありました。毎日の様にそこでバンドのリハーサルはじめ個人練習を行っていました。しかし、諸事情によりその練習室が取り壊されることとなってしまい、せめてドラム用の個人練習室だけでも欲しいと思うようになりました。

ホームページの情報がわかりやすく読みやすかった

 002環境スペースさんはホームページを見て知りました。ホームページではとてもわかりやすく防音に関する情報が紹介されていて、防音に関し素人である私でも容易に理解することができました。

環境スペースでは、お客様が適切に防音工事を依頼いただけるように、 ホームページでの情報発信に力を入れています。

 

 

環境スペースの防音技術力に驚いた

003結論から言うと躊躇することは何一つありませんでした。

ホームページを見てから早速、環境スペースさんに問い合わせをし、一度実際に環境スペースさんで施工された物件を見せてもらうことになりました。

やはり百聞は一見にしかずで、防音室の中で思いっきりドラムを叩いているのに、ドアを一歩外に出るとなんとなく聞こえる程度で、さらに建物の外に出ると全くドラムの音が聞こえなくなった事に驚いたのを今でもはっきり覚えています。

実は、環境スペースさんより先にもう1社検討してましたが、同じように実際に施工された物件を見せてもらったのですが、私の理想とする防音レベルには程遠い内容でした。

そんなこともあり環境スペースさんの防音技術力に余計に驚いたのかもしれません。

「技術力」「営業マンの人柄」で環境スペースにお願いした

004先程も、申し上げたとおり、第一に「技術力」ですね。第二に「営業マンの人柄」でしょうか。環境スペースさんにお願いする事に躊躇は無かったとは言え決して安い買い物ではないので、契約に至るまでは何度も疑問事項を投げ、それら一つ一つを丁寧に対応してもらいました。

そのようなやり取りの積み重ねの中で営業マンに対し信頼感や安心感みたいなものができてきたように思います。

 

 

005防音工事の施工中のひとこま。

これから本格的に防音工事がスタートしました。 第三には最終的に予算内に収まったことでしょう。どんなに「技術力」や「信頼、安心感」があっても予算をオーバーすれば契約できませんので。費用対効果という点では、他社と比較しても群を抜いていると思います。今の防音質は、元々は和室として利用していました。

 

寝る前に大音量で大好きなジャズを掛けドラムを眺めながらお酒を飲む時間を

006念願の防音室が完成した時はとにかく嬉しかったですね。早速、中でドラムを叩きましたが、バランスよく吸音されていて長時間叩いていても疲れがありません。朝起きて練習、帰宅してから練習、夕食、お風呂の後にまた練習、そして寝る前に大音量で大好きなジャズを掛けドラムを眺めながらお酒を飲む。こんなこと自宅だからできるんですよね。

 

 

今後、環境スペースに期待することをお聞かせください。

自宅で民宿を営んでおり将来的にはもっと大きな防音室を環境スペースさんに依頼できればいいなと思っています。環境スペースさんにはもっともっとご活躍いただき1人でも多くの方々の夢を叶えてあげて欲しいと思います。陰ながら応援と期待をしております。この度は大変にありがとうございました。

資料請求・お問合せはこちら

ページ上部へ
お問い合わせ